fc2ブログ
       
    04
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       

    コジョ 5th impression「君のための、戦争」 役者紹介④

    2016-01-05-02-32-43-960.jpg

    井家久美子 Iie Kumiko (劇団アニマル王子) クイーン・リスティ役

    ①モチーフになっている、アリスという作品をどう思いますか?
    →小さい頃見たディズニーのアリスは、子供心に怖かったです。
    特に、最後の方でアリスがひとりぼっちになるところ。
    今はそうでもないんですけど、どうしてでしょうね?

    ②今作の見所は?
    →ほんとのアリスと違って同じところ。
    あと「消える」ってト書きに書かれた人の、試行錯誤の結果(笑)

    ③最後に一言!
    →どこまでコジョでの、この作品における「女王」を作れるのか、
    新年からのチャレンジ。頑張ります! ぜひいらしてください!

    ......................................................

    通称クミタン。前回に引き続き、2回目の参加です。
    座組最年長なのですが、何だか可愛らしいのです。ほんわか。
    不思議です、これが、アニマル王子(副代表)。

    その実、真面目でしっかりした方です。常識人。
    姫様とか、しっかりした人をやることが多いみたいです。
    前回のアニマル王子では、淀君やってました。
    いつも稽古場で、僕の言葉を翻訳してくれます。
    大変助かります。

    でも、大体本人への演出は、無茶ぶりと矛盾の塊で。
    「あ、うん、はい」みたいな返事が来ます。
    とはいえ解決はしてくるので、すげえなあと思ってます。

    (ちなみに僕は、「見下すというアクトはして欲しくない、何故なら彼女にとって、
    自分が上で他が下なのは、当たり前で、そこに見下すという意思はない。
    外面的に見下しているように見えるのは構わないが、役者の中で、その意思を持っていて欲しくない」
    みたいなことを言っています。余談でした。)

    2016-01-05-02-37-58-916.jpg


    役は、クイーン・リスティ。黒の女王。
    アリスの方では、赤と白の女王が出てくるのですが、それを少し変えました。

    キング亡き後の国を背負う人です。
    女王としての姿勢を常に貫いて、
    感情が表に出ない、人形のような人。
    冷徹無比で、国民から畏怖されています。

    前回のコジョでの、義母とは、一線を画した役になると思います。
    人間性の前に、女王である。
    女王であるから、彼女である。そんな感じ。

    後、物凄く早いです。文字通り。クイーンなので。
    諸々無茶ぶりをこなしてもらっております。

    今作の中では、最も可哀想な人。最も誠実な人です。
    ご覧頂ければ、幸いです。

    2016-01-05-02-37-17-150.jpg

    可愛いですね。普段はこんな。

    ……

    井家久美子 応援予約フォーム

    https://www.quartet-online.net/ticket/kozyowar?m=0caafhi


    ……

    ☆公演詳細!!

    omote01_20151226123259460.jpg
    ura03.jpg



    ●公演名
    コジョ 5th impression
    「君のための、戦争」

    ●作・演出
    コイズミショウタ

    ●おはなし

    生まれて、泣いて、笑って、拗ねて。
    知らなかった、見えなかった、隠しきれなかった。
    だから、決めた。

    求めて、助けて、抱えて、落とす。
    零れ落ちて、すくうことは出来なくて。
    覚悟を、決めた。

    厭わず、消して、迷わず、殺す。
    曲がりくねった道の先、辿り着いたワンダーランド。
    全ては、君の為に。

    「僕の名前は、ジャバウォック」

    今度のコジョは、ピカレスクファンタジー!
    苦しみ、見えた、光の先を。

    ●会場
    シアターバビロンの流れのほとりにて(〒114-0003 東京都北区豊島7-26-19)

    →東京メトロ南北線「王子神谷駅」3番出口より徒歩12分
    →都営バス「豊島七丁目」下車徒歩3分(JR王子駅の1番乗り場より))

    ●出演

    末安陸
    新谷桃子
    コイズミショウタ(コジョ)
    小木珠実

    渡辺敏康(guizillen)
    高橋茉里(劇団ゴールデンタイム!)

    長友美聡(:Aquamodeplanning:)
    井家久美子(劇団アニマル王子)
    加納理伸

    佐藤辰海(guizillen)

    ●スタッフ

    音響・映像:ラビット大石
    照明:岡田潤之
    舞台監督:SOS create
    舞台美術:吉岡愛子
    振付:深月要(KOTEN)
    フライヤーデザイン:えりぃ

    制作及び製作コジョ

    ●日時
    2016.1/20(水)~24(日)

    1/20(水) 19:30 平日夜割
    1/21(木) 14:00 19:30 平日夜割
    1/22(金) 14:00 19:30 平日夜割
    1/23(土) 14:00 19:30
    1/24(日) 13:00

    ※開場・受付開始は、開演の30分前です。

    ●チケット
    前売2500円
    大学・専門2000円
    高校生500円(併用不可)

    ☆割引

    平日夜割
    →各200円割引

    twitter割
    →コジョと入ったツイート(ex.コジョ見に行く)の画面を受付にてご提示頂くと、100円キャッシュバック!

    白黒割
    →真っ白なものと真っ黒なものを1つづつ(ex.白シャツと黒いバック)受付にてご提示頂くと、100円キャッシュバック!

    両方割
    →上記2つ合わせてご利用頂くと、受付にて、合計で300円キャッシュバック!
    リピーター割
    →受付にて、チケット提示で、二回目以降は無料。


    ご予約はこちら!


    または
    kibou1024@gmail.com
    ①お名前
    ②ご希望日時
    ③券種、枚数
    をご明記の上ご連絡ください。

    こちらからのご返信をもって、予約完了とさせていただきます。
    三日以内に返信がない場合、お手数ですが、もう一度ご連絡頂けますと幸いです。

    ……………
    スポンサーサイト



    Secret

    プロフィール

    東京の演劇団体「コジョ」の主宰、演出、脚本。 基本的に演劇馬鹿です。 観劇、映画、読書なんかが趣味。

    コイズミショウタ

    Author:コイズミショウタ
    FC2ブログへようこそ!

    「間、違えば、愛した竜」ご予約

    (公演の三時間前まで)

    携帯からの予約はこちらをクリック!



    最新記事

    カテゴリ

    Twitter

    団体アカウント:@kozyo_play 個人アカウント:@hopedearoe

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    アクセス数